スタッフの気持ちも癒すヒーリングミュージック

かつて私が歯科医院で受付事務をしていたとき、勤務先の医院には色んなジャンルのCDが置いてありました。

その中から何でも好きなものを選んで、時間によってCDを変えながらBGMを流すように言われていましたので、いつも何をどの時間に流すか迷ったものです。 結局一番よく流していたのがヒーリングミュージックのアルバムでした。 やはり医院なので患者さんに落ち着いた気持ちで待っていただきたかったですし、実を言えば私自身が慣れない仕事の連続で神経が疲れてしまっていたという理由もあります。

でも院長はポップスが好きだったので、よく途中でCDを変更するように指示されていました。しかし軽快なポップスは普段ならいいのですが、待合室が患者さんでいっぱいになり退屈したお子さんたちがザワザワし始めると、余計に待合室全体をソワソワした気持ちにさせてしまったのです。 そういうことがあると、やはり医院はゆったりとしたBGMのほうがいいかなと思いました。そこでヒーリングミュージックだけでなく、ゆったりとしたテンポのクラシックCDもよく流すようにしていました。

こういう経験から自分が医院に行くと、ついBGMに耳を傾けてしまいます。その度に、まさか受付事務で入った自分が選曲で迷うことになるとは思いもしなかった仕事のことを思い出して懐かしくなります。