作業用BGMはクラシックが最適だそうです

パソコン作業や勉強などをする時に、BGMをかけておくと作業効率が上がると聞いたことがあります。 ただ、BGMであれば何でも良いというわけではありません。 たとえば普通の音楽のように歌声が入っているような曲は、却って効率を下げてしまうと紹介していました。

ではどんな曲を聴けばいいのかというと、正解はクラシックだそうです。 クラシックは歌声が入っていないため気がまぎれることがなく、ピアノのリラックス効果で作業に集中できるのだそう。 モーツアルトやシューベルトなどの曲を流しながら作業や勉強をすると良いということですね。

ただ、私はクラシックにそれほど詳しくありません。 そのため作業をする時には、クラシックではなくカラオケの音源を聴いています。 カラオケの音源には歌声が入っておらず、伴奏だけなので気がまぎれることがないのです。 そして歌声の入っていないカラオケを聴くというのは思いの他リラックスできるんです。 CDに入っていることも多いのでおすすめです。