BGMがあると集中できる

家でレポートを書いている時や企画書を書いている時は、洋楽をBGMにしています。

テレビやラジオをつけていたこともありますが、内容のほうが気になってしまって自分のレポートに集中できないので、耳に入っても意味が分からない洋楽を聞くようになりました。無音よりも集中できますし、外の音も気になりません。曲調をアップテンポなものにすると、よりはかどります。

自分の中にある言葉を紙に落とす時に、BGMがあるとスムーズに移行できる気がします。 読書をするときは、洋楽ではなく日本のポップスを小さな音で流していることが多いです。物語に合った曲調や歌詞の内容が、物語と相まって感情移入できるからです。BGMがない図書館だと、逆に集中して読めなくなります。物語に合う曲がなさそうな時は、テレビのボリュームを下げてつけています。そのほうが意識が物語に入り込みやすくて、情景を思い描きやすいです。

数えてみたら、家用BGMという名前で保存した曲は、100曲くらいになっていました。