映画のBGM

映画のBGMをときどき聴きます。
BGMを聴くだけで、映画のさまざまなシーンを思い出すことがあります。
聴いていて、だんだんと懐かしくなり、久しぶりに作品を観るなんてこともあります。

私が特に好きな映画のBGMはロミオ&ジュリエットのものです。
この作品はレオナルド・ディカプリオが主演でストーリーを現代風にアレンジしたものです。
そのため、BGMも現代的な感覚のものが多いですが、どれもそのシーンごとにぴったりと合っています。

ロミオ&ジュリエットはストーリーがとても切なくて悲しいものです。
シェイクスピアの作品でとても有名なもので、
結末を知っている人は多いので映画を完成させるのは大変だったと思うのですが、
BGMによって主人公たちの喜び、愛情、苦悩や怒りなどの感情の演技を盛り上げていて、
より一層ドラマチックな印象を与えてくれています。
映画はこのようにBGMがあって、はじめて作品が完成するような気がします。